行政機関

2016年10月19日 行政機関

一括下請負の禁止について

国交省より、一括下請負の禁止について
以下の通りお知らせがありました。

 標記につきまして、一括下請負は発注者が建設工事の請負契約を締結するに際して
建設企業に寄せた信頼を裏切ることとなること等から、建設業法22条において禁止
されているところ、依然として不適切な事例が見られることから、一括下請負の排除の
徹底と適正な施工の確保が求められています。
 中央建設業審議会・社会資本整備審議会産業分科会建設部会基本問題小委員会
中間とりまとめ(平成28年6月22日)においても、実質的に施工に携わらない企業を施工
体制から排除し、不要な重層化を回避するため、一括下請負の禁止に係る判断基準の
明確化を図る必要がある旨が提言されました。
 これを受けて添付のとおり「一括下請負の禁止について」を定めましたので、ご参照
くださいますようお願いいたします。

一括下請負の禁止について(事務連絡)