行政機関

2019年07月09日 行政機関

【6月下旬大雨】災害復旧工事等について

この度、国交省より、表題の件につきまして、周知依頼がありました。
概要は以下の通りです


①6月下旬からの大雨による災害復旧事業における入札及び契約の取扱いについて

災害復旧事業については、手続の透明性・公正性等にも配慮しつつ、入札及び契約を短期集中的に行う必要があります。そのため、当面の災害復旧事業の入札及び契約についての基本的考え方を別添のとおり取りまとめましたので、取り扱いの参考としていただければと思います。
・(別添)災害復旧ガイドライン概要

②6月下旬からの大雨による被災地域での建設工事等における予定価格の適切な設定等について

本年6月からの大雨による被災地域では、調達環境の変化や作業条件の制約等により、現行の積算基準を適用することが適当でない場合が考えられることから、積極的に見積を活用して積算するなど、実態に即した実勢価格等を把握し、適切な予定価格の設定に努めるようお願いいたします。

③6月下旬からの大雨による災害復旧工事等における前払金保証の事務処理の迅速化・円滑化について(通知)

被災地においては、交通・郵便事情等が回復していないこと等により、災害復旧事業等の円滑な実施に支障が生じるおそれがあることから、災害復旧事業等に係る前払金保証の事務処理について、各保証事業会社対し別添のとおり通知しましたので、お知らせします。


よろしくお願いします。