行政機関

2019年04月17日 行政機関

低入札価格調査基準の見直しに伴う改正事項について

この度、国交省より、表題の件につきまして、周知依頼がありました。
概要は以下の通りです


ダンピング受注(その請負代金の額によっては公共工事の適正な施工が通常見込まれない契約の締結をいう。)は、工事の手抜き等を招くことによりその品質の低下が懸念されるほか、下請業者へのしわ寄せ、公共工事に従事する者の賃金その他の労働条件の悪化、安全対策の不徹底等につながりやすく、ひいては建設業の若年入職者の減少の原因となるなど、建設工事の担い手の育成及び確保を困難とし、建設業の健全な発達を阻害するものであることから、これを防止する必要があります。

この度、国土交通省においては、低入札価格調査基準の見直しに伴い、低入札価格調査制度対象工事に係る特別重点調査の運用を別添1のとおり改め、地方公共団体に対しても別添2のとおり通知しましたので、ご参考にお知らせします。


よろしくお願いします。