行政機関

2018年07月12日 行政機関

平成30年7月豪雨に伴う災害復旧工事に係る通知・事務連絡

このたび、国交省より表題の件について事務連絡が発出されました。
概要は以下の通りです。


各業界団体ご担当者様

この度、平成30年7月豪雨で被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
災害復旧事業の迅速かつ円滑な実施に向けて、事務連絡を発出させて頂きます。

①災害復旧事業における入札及び契約の取扱いについて

災害復旧事業については、手続の透明性・公正性等にも配慮しつつ、
相当数の事業に係る入札及び契約を短期集中的に行う必要があります。
このため、当面の災害復旧事業の入札及び契約についての基本的な考え方を
取りまとめ、各都道府県等に対し別添のとおり通知しましたのでお知らせいたします。

・平成30年7月豪雨に伴う災害復旧事業における入札及び契約の取扱いについて
・(別添)災害復旧ガイドライン概要

②前払金保証の事務処理の迅速化・円滑化について

建設企業が災害復旧事業等の着工に必要な人員・資機材等を円滑に確保できるよう、
公共工事の前払金が適切に活用されることが重要ですが、被災地においては
前払金の保証に関する事務処理が混乱しているおそれがあります。
こうした状況にかんがみ、前払金保証の事務処理の迅速化・弾力化を図るため、
各保証事業会社に対し別添のとおり通知しましたのでお知らせいたします。

・(別添)平成30年7月豪雨に係る災害復旧事業等における前払金保証の事務処理の迅速化・円滑化について

以上、よろしくお願いいたします。


よろしくお願いします。